content
<< 宗田さんの作品のこと | main | フルカリ展の店内 >>
 20191117
お能を見に後楽園へ フルカリ展のはなし -3-


| ライトアップされた夜の後楽園にて


| 反物のフルカリ。今展にも並びます。

以前から気になっていた"お能"の舞台のお誘いをいただき、昨日の夜は能と歌舞伎を見に後楽園へ。岡山を代表する備中神楽にはじまり能、歌舞伎へと続く2時間弱の舞台。拝見するのは初めての為予備知識も全く持たぬまま。あえて知識を持たずに全感覚を開き感じ取れたのがとても良かったかなと思います。おかげであっという間の2時間でした。文字通りひと時も目を離せない、舞に謡(うたい)にと吸い込まれていきました。個人的には太鼓や笛などの囃子の人々が作り出すリズミカルなテンポ、それに合わせた能の謡にとてもしびれました〜。現代の色々にもとても通づるものがあるような。古くささを感じない、むしろ新鮮に思えたくらいでした。衣装(といってよいものか...)で着られていた白地に金の刺繍が施された羽織りものが舞で揺れる度に空気を含み翻りキラキラとしていて、まさにフルカリも通づる物を感じる...と思っていたらタイミングを同じくしてさっそく来週末から始まるフルカリ展の荷物が届きました。今回FUCHISO小松さんのご厚意でお預かりしたフルカリの反物(写真2枚目)少し広げてみると薄手の木綿の織物に刺し埋めつくされた生糸。暗がりのなかでも淡い黄金色に光る生糸は、夜の舞台でライトに照らされた羽織りにも近いものがありました。反物を見つめながら昨日の舞台上での舞を思い返す。

comment