content
<< インドの布物とサーミブレスレット | main | 温度差 青チェックの目隠し布 >>
 20191104
フルカリ展のはなし

10月怒涛のイベント月間を終え、年の暮れに向かう形で年内最後は丸の内店の一周年記念企画として"フルカリ展"を行います。展示に合わせ作成した中開きのDMにフルカリとの出会いも少し綴っていますが丸の内店オープンの時より常に傍に置いておいたフルカリ。こうした布物との向き合い方・楽しみ方もあるんだなと視野や考え方、感覚を大きく大きく広げてもらいました。何よりボーっと眺めているだけで幸せ。この感覚を様々な方に体感していただきたいと思っていたところに縁があり次回の展示が叶うこととなりました。ブログでも少しずつ紹介していく予定です。

フルカリ展 -ocogeshokuba丸の内店一周年企画-
2019年11月22日(金)〜12月2日(月)

11:00-19:00 ※会期中無休

余談
展示が続くと食生活が荒れるのです。なりふり構っていられなくなるからなのか...。ひとしきり落ち着いたあと無性に果物が食べたくなり体が水気を欲しているのだな〜と。お店に頂き物の白木のカッティングボードはあったので簡単に果物ナイフと近くの青果店で季節のリンゴを調達。秋映えという品種で濃い赤色が特徴的、中は瑞々しくって体全体が生き返った感じです。調達してすぐには食べず少しの間置いていたらリンゴの良い香りが店内に広がっていました。たまには自然の香りものも良!そして果物は体がよろこぶと再認識しました。

comment