content
<< 金澤宏紀展 | main | 三重・滋賀出張 2 >>
 20190924
三重・滋賀出張 1

三重・滋賀への出張は毎回突然に決まる。今回もひとつ気にかかる事柄から見事にすべてのタイミングに繋がって行くなら今、と急遽4日前に決定。そして毎度の事1日だけの弾丸出張。
約半年ぶりに訪れた安永さんの工房は台風の影響もあってか竹達がワサワサと音を立てて飲み込みそうな中に位置してて(なんと工房の一角では竹が一本突き抜けていた)入り口にはお手製の引っ掛け網戸。その奥からあらわれる安永さん。この半年の間にも表現の幅が広がりより可能性を見出されたようでその場にあった作品にも、何より安永さんの活き活きと話す姿にも感じ取ることができて私の核の部分も揺さぶられた。作品は格段にパワーを増していた。多分そこに安永さんの好奇心の精神がより乗っかっているんじゃないかなと思う。これから行おうとされてることも嬉しそうに話してくださった。作品を世に出すまでに関わる人達が少し嬉しくなれる作品が出来たら。と話されてたのが記憶に残ってる。少しという表現も安永さんらしくていいなと思った。

comment