content
 20200325
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 20190606
縁とタイミング

お店をしながら動いているから全部がタイミングと縁だな〜〜と感じることが本当に多いです。人と人とが結び付いたり物と人とが結び付いたり物だけがどんどん結びついていったり 本当にその延長でお店はまわっているんだなーと良くも悪くも気づきます。ここ最近は頭の中が月末の香りの会でいっぱいで、数少ない香りものの資料や本を読みふけってます。図書館に行っても本屋に行っても、隣に置かれている茶の本・見立ての本に比べて香の本のまあ少ない事。書かれていることも大体が同じで同じような章が続いていたり、がほとんど。だからこそ著者の意見や感想が随所に盛り込まれて成り立っていて本として見ごたえがあって楽しい。今はまだ借りて読んだ本がほとんどで中々手にできていないけど手にしておきたい香の本は沢山。序章ですでに"あ、欲しい本!"と思うこともしばしばです。今読みふけっている2冊もまさにその通りですでに購入希望のリスト入り。丁度今読み進めてる章ではどちらも源氏香について書かれていて、しかも今まで読んでいた本ではさわりしか触れていなかったところを深く掘り下げいて面白い... これに影響を受けて数日前から源氏物語も見始めました。(さくっと読めるようにこちらは漫画で)そんなこんなでここ数日は深ーい香の面白さにより一層惹かれつつあります。それが面白い縁を引き寄せたのかこの間ふらっとお邪魔した先で出会った源氏香の図が描かれた紋帳。まさかまさかの良い出会いにビックリ。念ずるように考えてると必ず起こる不思議。

イロハ早引紋帳大全 明治13年 (非売品/資料)

 20200325
スポンサーサイト
comment