<< 東洋モノ | main | ヒムカシの冬靴下 >>
| 2019年01月19日
趣味の広がり

表すのにピッタリな言葉があったなぁと思う程、落語に"心酔"。文字通り、落語を聞けば聞くほど気持ちが脳内が酔いしれていくのがわかるような。落語にはまるきっかけをくれた方も今思えばそんなような目をしてたな〜。とりわけ噺家に詳しいわけでもないし、通な聞き方を知っているのかと言えばそうでもないし。そういう諸々を取っ払って触れたときにいつも思う、うすーい固定観念が勝手に分厚ーい膜のように蓋をし覆いきってしまっていたんだな〜と。興味だけでそこに踏み込んでしまったけれどまた一つ楽しみの幅が増えたということで。落語を一通り聞き終わった時の感覚は映画のエンドロールをボーっと眺めている感覚に近いように思うのだけど。余韻に浸りながらオチの部分を何度も脳内で巻き戻してみたり。今の感覚で十分に面白い。特によく聞くのは江戸落語。時代背景、物の扱われ方、人情などなど知り得なかったことがこんなところで楽しみながら聞けるのね、という感じに。聞きながらへぇ〜なんてこともしょっちゅう。物を扱う者としてはそこもまた楽しいのです。

Konishi Konomi
comment