content
 20191225
安永正臣の箱物

店奥の棚でこの時間帯存分に光を受け照らされていました、安永さんの箱物。釉薬で固め上げられた作品はガラス質を持ち光にはキラリと反射します。造形に作為をもってしてもおおらかな"抜け"を持ち合わせていて、外側の格子状の凹凸と内側の細かな釉薬の塊がそれぞれ違った表情を見せ、これにまたぐっとくる。アメリカの木の質感が感じられる赤いボックスに淡く光る水色の釉が冴えます。

masaomi yasunaga object

comment