content
 20191106
フルカリ展の話 -2-

今回展示するフルカリは、元々2.5メートル程あるベールをトリミングし大小さまざまな大きさの額に収めたもの。元の大判のベールは約4枚あり、そこからひとつひとつ切り取られています。このトリミング・額装を手掛けられたのは東京外苑前にお店を構えるFUCHISOの店主小松さん。大判のベールから部分部分切り取っていく作業は本当に大変なことだと思います。(主に気持ちの面でも...)だからなのか、小松さんの目を通した上でトリミングされた布物は額装品となった時にベールそのままでは感じ取りにくい細部の模様、絹糸の艶やかさなどが際立ち更にサイズの違いもあいまって切り取り方次第で見え方の変わる面白みが増したように思います。写真のピンクのフルカリは特に細かい刺繍模様がたくさん。絶妙に色合いの違いがあるのも女性心をくすぐります。薄づきの淡い色味は年配の方によく用いられたそうですね。それを聞いてはじめは可愛らしい色なのにと驚きましたが観察しているうちに納得。女性らしい奥ゆかしさがあり品がある。程々にグラデーションのように煌めく淡い色合い、写真で一番伝えづらい色味なのです。なので実物はぐっときますよ。
近くで絵の展示をしている方が来られて写真で見たこのピンクのフルカリが気になる、とおっしゃって下さってました。その方は絵や造形物を作り上げるときに題材にしているのが"皮膚"なんだそう。あ〜なるほど、と思いました。今お店の近くで行っている岡山芸術交流でも展示作品に"皮膜のプール"という作品がありますがそれもピンク色のどろりとした液体。なんだか色々つながります。そういう体内の様な皮膚の様なザワザワとするものへの憧れや神秘性を拾い上げたり何かと結び付けたりということで気持ちが高まることも思えば昔からよくあります。これもある種女性特有の想像力の面白さかも。

フルカリ展 -ocogeshokuba丸の内店一周年企画-
2019年11月22日(金)〜12月2日(月)
11:00-19:00 ※会期中無休

 20191104
フルカリ展のはなし

10月怒涛のイベント月間を終え、年の暮れに向かう形で年内最後は丸の内店の一周年記念企画として"フルカリ展"を行います。展示に合わせ作成した中開きのDMにフルカリとの出会いも少し綴っていますが丸の内店オープンの時より常に傍に置いておいたフルカリ。こうした布物との向き合い方・楽しみ方もあるんだなと視野や考え方、感覚を大きく大きく広げてもらいました。何よりボーっと眺めているだけで幸せ。この感覚を様々な方に体感していただきたいと思っていたところに縁があり次回の展示が叶うこととなりました。ブログでも少しずつ紹介していく予定です。

フルカリ展 -ocogeshokuba丸の内店一周年企画-
2019年11月22日(金)〜12月2日(月)

11:00-19:00 ※会期中無休

余談
展示が続くと食生活が荒れるのです。なりふり構っていられなくなるからなのか...。ひとしきり落ち着いたあと無性に果物が食べたくなり体が水気を欲しているのだな〜と。お店に頂き物の白木のカッティングボードはあったので簡単に果物ナイフと近くの青果店で季節のリンゴを調達。秋映えという品種で濃い赤色が特徴的、中は瑞々しくって体全体が生き返った感じです。調達してすぐには食べず少しの間置いていたらリンゴの良い香りが店内に広がっていました。たまには自然の香りものも良!そして果物は体がよろこぶと再認識しました。

 20191027
インドの布物とサーミブレスレット

店の奥から振り返った時に見えるこの景色が好き。(写真一枚目) 丸の内にお店を構えてもうじき一年になろうとしているけど日増しにお店が好きになる。今朝は朝が早くて6時半にお店に到着。まだ薄暗い中ごそごそと次の展示の郵送準備をしていたらあっという間に日が差し込みだしほんのり店内が暖かくなってくる。早めの掃除機をかけてパッと入り口を見た時に見えたのがこの景色。今日は快晴なのと空気が澄んでいたのと、あとは早くお店に来られたというナゾの達成感とで特に気持ちが良かった。
サーミブレスレットの受注会も早いもので明日までとなりました。(10/28迄)インドの布物はこのお披露目の展示を機にこれからも少しずつ集めていきたいと思います。色の効いた多様なチェック柄の中にサーミブレスレットが並ぶ光景もとても良かった。一段と楽しい店内になっていた数日間。明日までどうぞよろしくお願いします。

 20191012
10月は展示イベント月間

展示やイベントの会期中は基本的に無休。会期無休とうたうと分かりやすいなというのと何より一日でも閉めてしまうのが勿体ないなというのと。最近は10日間ほどの会期をもうけるのが定着してきました。お店としての営業以外に展示イベントを始めてきて約二年が経ちようやくここに落ち着きました。金澤さんの展示は去年の開催から二回目。去年は万富店の一角を展示スペースとして展開していましたが万富店での金澤さんの展示が終わる頃にちょうど現在の丸の内店と良い縁があり、トントン拍子に2ヵ月後の12月に開店(!)開店したことを金澤さんに伝えたところ次回はここでやりましょう、と。そして今ココ。毎日丸の内店の空間に並ぶ金澤さんの作品を眺めていますがそれでも熱は冷めやらない。むしろ熱量は増すばかりの日々。嬉しいのは今回しつらえた店内の空間や様々な新古の什器とも作品がマッチし惹き立っていること。負けず劣らず格好いい金澤さんの作品だからこそ出来上がる空間になってます。終わりまであと二日。今回もまた名残惜しいんだよなあ。
今月は実は展示・イベント月間で金澤さん個展終了後の10月後半からはサーミブレスレットの受注会/インドの布物展を開催します。今年もまた三宅さんに直接ブレスレットのオーダーできる機会をもうけ丸の内店でゆるやかに開催予定です。それにあわせて店内は赤や青を基調としたインドの布物をカラーを効かせながら展開します。こちらもずっと頭で空想を広げていたしつらえで楽しい空間となりそうです。

サーミブレスレット受注会/インド布物展
2019年10月19(土)-28日(月)※会期中無休
ocoge shokuba 丸の内
岡山県岡山市北区丸の内2丁目9-11 2F

 20191010
Hiroki Kanazawa exhibition "CERAMICS"

展示も今日から丁度後半がスタート。毎日金澤作品と向き合っていると気づき・発見・共感が日を追うごとに増えていく。前回開催した一年前の展示を思い出しながら一番に思うのは一目瞭然な程に作品が進化を遂げていること。表面のゴールド・プラチナの上絵であったりカップの反りと胴の膨らみのバランスであったり。金澤さんの気持ちの表れも滲み出ているようで感慨深い〜。今回の出来にはご本人も納得の格好良さ。全体として個性であるテクスチャーはより渋みを増し品のある色気を放ちながら、長くつとめてきた陶工ならではのスピード感のあるラインには更に磨きがかかって。金澤さん自身も作品も、型にガッチリはまっていないからその部分が面白い振り幅を見せてくれているようにも感じる。かたく考えずとも直感的に訴える良さがあるなということです。会期は14日(月・祝)まで。この機会を見逃さないで頂きたいのです。

HIROKI KANAZAWA Solo Exhibition "CERAMICS"
2019.10.4fri-14mon
11:00-19:00 ※会期中無休
ocoge shokuba 丸の内店

 20190915
金澤宏紀展

来月4日から開催する金澤宏紀さんの2回目の展示。今回は金澤さんの作品に色濃くみられる造形・マテリアルにスポットを当てご紹介したいと思っています。食器や花器をメインに制作されていますが金澤さんが仕上げる作品にはどうもその境界をはみ出してしまうような面白さがあって、今回丸の内店で行う二回目の展示ではこのスカッと抜けた空間にどう映えるかが楽しみであり見どころであるかなと。実用でも飾り物でも捉え方、受け入れ方は自由なので金澤作品の発想を少しでも柔らかく広げてご紹介する予定です。今回新たに壁をしつらえられる作品も考案中との一報も入り、ますます楽しみ。

 20190817
COLLECTION221展終わりました

お盆中に開催していたCOLLECTION221の展示も無事に終わりました。物好きの集う怒涛の5日間。夏真っ盛りのあつーい時期に熱のある人たちが集う様子はとても楽しくありました。結局わたしは一日しか在店出来ませんでしたがそれでもしっかり感じ取れたほど。毎日のように目まぐるしくディスプレイが変わり物が動きとしている躍動感は中々に感じ取れないような気がします。その中に静かな空間を作ったのも良かった。思い返せば双方が活きていたなあ。本当に少ない日数で集中的にしか開けていない万富店ですが毎回あたらしい発見と期待がみえます。また次回が楽しみ。

 20190706
香りの会 -香木- レポート

講師のぺレス千夏子さんのお人柄や店内の様子も相まって和気あいあいとスタートした香りの会。約二時間の会は両日ともあっという間に時間が経ちました。何より驚いたのは会始まりと終わった時とで皆さんのお顔がまるで違うこと。感覚がしっかりと開かれているのを傍からでも確実に見てとれる程、時間が経つごとに高揚感を増していく会でしたね〜。いやあ面白かった!香りは目にはうつらなくとも空間を生み出せる、というお話を千夏子さんとご飯に行った時に伺いました。以前よりわたしもおんなじように考えていた節があったのでまさにその通り!とお話し弾んだのですが千夏子さんは独自に実践されていてそれがとても面白かったんだと聞きました。今回の会での香木の香りはそれが一層自分の内々に入っていくような繊細であり大胆でもあるとても面白い存在。空間に漂う香りと抱え込んで静かに楽しむ香りではまた違いがあったし、同じ香木からとれるものでさえ6人それぞれ香り方が違った。わたしは香りを焚く時すこしの実験心を持ち合わせながら楽しむのですが香りを軸に楽しみ方も人それぞれでいいなあと感じました。体感した人にしか分からないスペシャルな会、すでに次回の開催も打ち合わせていますのでお楽しみに。
お集まりいただいた皆さま、ありがとうございました!

 20190505
宗田佑介絵の展示と物物

さすがにワンピースの二枚重ねで外を歩いてたら暑い〜、くらいになりました。重ねてみたのはシルク混の涼しいワンピースと薄手コットンのハイネックワンピース、室内は丁度良い塩梅です。
宗田さんの万富店での展示は今日が最終日となりました。設営も併せると2,3週間前くらいから宗田さんの絵のある空間を見てきましたが日に日に絵が絵でなくなっていく不思議。周りに物が並べられて展示がスタートした日からより一層そう見えてくる。そもそもキャンバスも自由で段ボールに描いてあるものもあれば無骨な木にそのままペインティングされてるものもあったり。まさに世の中にコントロールされていない宗田さんから放出される絵は絵の枠からもずいぶんはみ出しているように感じます。羨ましいほどに自由な人。みずからによっている人。今後もおもしろい活動となりそうです。

Yusuke Muneta Exhibition of painting
2019年5月1日(水)−5月5日(日) 11:00-18:00
ocoge shokuba 万富店
岡山市東区瀬戸町万富634-1

 20190423
ヒムカシ春夏展


先週金曜日よりヒムカシ展開催してます。初めてヒムカシの服を体感する方もすでに良さを熟知してる方も決まって最後は同じ顔をして帰られてるな〜と嬉しくなります。ついつい、熱が入ってあれもこれもと話したくなる気持ちを抑え込みながら、それでも抑えきれず少しずつ漏れていってるような辺りで同じように皆さんの顔つきも変わってくるような。ひとたび袖を通して足を通してしまえば面白いくらいに視点と体感のギャップが生まれて、その心地良くもハッとするギャップにするするとはまっていくんです。本当に面白い製品作り。
今回のテーマにある"偽物" 去年の冬頃からその話は聞いていたけどさらっと東出さんの話す"偽物"の言葉のインパクトがとても強いな...と思ったそのすぐあと話を聞いて納得。ヒムカシの服作りにこんなにしっくりとくる言葉があるんだ、と響き残ったのを覚えてます。 今回お送りしたDMの文面では、偽物と本物をふと考えた時に単に良いもの・悪いものなんていう対極の括りではなくて両方の良いとこどりが出来ているものが一番最適でタフなんじゃないの、ということが少しでも伝えわればと思いながら私の考察も交えて言葉にしてます。随所に出てくるの"偽物"の言葉に大きなインパクトを感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、要は体感をもってお試しいただければ体が一番素直に答えてくれるはずです。

ヒムカシ展 2019SS - 偽物 -
2019年4月19日(金)―5月6日(月・祝)
12:00-18:00
ocoge shokuba 丸の内店
岡山市北区丸の内2丁目9-11 2F