ヒムカシの高機能ショートジャケット

従来のアウトドア素材をヒムカシの着眼点でより楽しくより軽快に仕立てた今期のアウトドアシリーズ。アイテムはバラバラでも、そうそうこういうの!が詰まっていて非常に悩ましい展開になっているのです。冬服だけど洗えることは大前提に、保温性・通気性・耐久性・速乾性などなど。こういう高機能性能ってあってもおかしくないはずなのに、何故か一番よく着る日常着には備わっていない。その当たり前を見事に払拭してくれてるような。一言で言ってしまえば嬉しいポイントが沢山なんです。ノーカラーのショートジャケットもまさにそこから発展したもの。見た目の薄手さからは想像できないくらい、着てしまうと一気にポカポカ。ハリのある生地に品があり、見た目には落ち着きと華やかさが。合わせを考えるのが楽しくなる一着かと。オフタートルとの相性◎でした。

Konishi Konomi
金澤宏紀の面取りカップ

今年9月の展示の際、新作として金澤さんが送って下さった面取りカップ。表面のデザインがほとんどない金澤さんのレパートリーからすると新鮮に映ったそのカップ。お話し聞きながらまじまじ眺めていると"それ、使うと凄くいいんですよ"とのこと。展示終わり自宅用に買わせてもらい使ってみたところ、本当に良さを実感。色んな意味で捉えられるかもしれませんが、使う前・使った後でちがう物に思えるくらいに。主人はビール、私は無性に飲みたくなる時の炭酸が定番化してきたかな。純粋に使っていいと思えるカップ。店内でも光をうけて渋い華やかさを放っています。

面取りカップ / 金澤宏紀   8,640円

Konishi Konomi
ポジャギ


真ん中に色の集まったポジャギ。光が透けるとステンドグラスのように綺麗です。韓国へ買い付けに行かれた方から大切に譲って頂いたこのポジャギ、人の思いはジワジワと伝染していくのか、新しい丸の内のお店にピッタリはまってくれました。見るほどに楽しく、何ていったって女子心惹かれるこの配色。シワを生かし本来の用途の包みとして日常に溶け込ませるのも良いなと思うのです。とりあえずこのワクワクする配色を目のつくところに。

韓国 ポジャギ   10,000円

Konishi Konomi
2018/12/4



 

前日辺りやっぱりバタバタで毎度の夜通しコースでしたが何とかオープン出来ました。近くなったから、と早速見に来てくださる方も多くてうれしい限りです。店内面白くなっていると思います、是非ワクワクしていただきたいです。オープンして1日経つたびに日の落ち方、影のうつり方、外の行き交い、近隣飲食店のい〜匂い(笑)が少しずつ分かってきて色々楽しいです。フラっと覗きにいらしてください。昨日・今日は店休日。昨日は福岡よりガラス作家の和田さんがいらして下さり少し打ち合わせを。2月にまた面白く変化しそうな予感です。どうぞお楽しみに。

Konishi Konomi
2018/11/26

今週末の土曜日にオープンを予定している丸の内のお店、順調に何とか進んでおります。いつものバタバタ具合から考えると順調すぎて怖いくらい 根っからのビビり癖です。今日で床の剥がし作業が終わり、これからやっと物が運び込める様子。ここからが楽しい時 のはずなのに作業が一段落するといよいよ見えてくるオープンの気配。ここでもビビり癖・不安症が発揮され何故だかマリッジブルー感覚。オープニングブルーというの?ここからが楽しいはずなのに!配置を終え、モノを並べ始めるころには払拭されることでしょう そう思いたい。楽しいを詰めこみオープンを迎えたいと思います。

ocoge shokuba 丸の内 12月1日(土曜日)OPEN

Konishi Konomi
2018/8/29


しばらくぶりの投稿。
記事にしたいことを頭では考えていても綺麗にまとめ上げようとするから当分の間手が止まっていました 勿体無い…。考える前に動くこと、今の大きな大きな課題です。
最近の頭の中は9月に控えた金澤さんの展示について、が殆ど。お店では初めての焼き物の展示。体感のできる良さを前面に出したくて、萬やのゆきの小野瀬里奈さんにもご協力頂くことになりました。
喫茶も茶会もせりなさんの感覚に落とし込まれたもの。その空気・味覚からの体感によってのまれるような気持ちに浸っていただきたい。
私も浸りたい。(笑)

写真 / 萬やのゆきにて
Konishi Konomi
2018/5/15


クルト・ブラッシュの禅画の装丁がとても好き。装丁に一目惚れして手に取ったら中身も今まさに欲していたもので、二度嬉しい思い。少しずつ少しずつ読みすすめては装丁を眺めてます。気持ちの良いバランスが詰め込まれている感じが本当に堪らない〜 身の回りも気持ちの良いバランスでそろえたくなる。

Konishi Konomi
2018/5/7


いよいよ形が見えてきた、和室の改造。
去年の移転したての頃から考えると空間を作っていくのに案が沢山溢れてて。ひとつひとつその場で決めていきながら作り進んできた改造空間づくりもあとは和室を残すのみになり、此処はお店の心臓部分になるんじゃないかと考えてる。
だからこそ今まで以上に慎重に。でもきっと2人の性格だから始めだしたら突拍子もなく進んでいくんだと思うけど。
お披露目は早ければ梅雨頃になるかな。

Konishi Konomi
2018/4/26


お風呂上がり、本読みの時間にしようと決めていて、折角ならお供に線香を焚こうと思い立って器を片手に4種の中から一本を選んで焚き始め。
本の受け売りだけれど、線香を焚こうと思い立った瞬間から気持ちを落ち着ける作用って働くみたいですよ。

今日は4種の中から堀川を。
前回、香りの会を開いた時に私の中で一番抱いていた印象が覆った香り。それほど一人一人が受ける香りの印象が異なることを知れたいい会でした。

Konishi Konomi
2018/4/24


お店での抹茶スタイル。香りの会で出させて頂きました。
茶道も香道も密接な繋がりがあって個々に引き立て合うもの。現代的に落とし込んでまずは軽快に楽しく。次回の香りの会でも抹茶お出しします。抹茶に合う茶菓子探しも醍醐味。

Konishi Konomi