content
 20191212
black!

今は黒が気分。いさぎよくヒムカシの黒服だけを展開しています。その内のカットソー3種/フード付きのロングカーディガンは驚くほどのストレッチ性を持ち動きやすさは抜群。ケアが非常に楽である点も冬服にとっては嬉しいところ。ケアの必要な物はそれはそれ、で楽しみつつ安心して委ねられるお洒落はヒムカシ服にお任せあれ。

ヒムカシ boat neck tee / turtle tunic / turtle tee / food long cardigan

 20191211
石原祥充 かずら手ポット

昨日のご紹介した小湯呑に合わせていたかずら手のポット。おおらかな部分と細やかな部分のデザインがなんとも良いバランス。容量もしっかり入りますのでお茶席などにも◎

石原祥充 かずら手ポット →

 20191210
石原祥充 小湯呑

身に染み入る寒さ、冬がいよいよ到来しましたね。自然と物見る目線も冬を連想させるものへと移っていきます。石原さんの小湯呑はこれから訪れる年の瀬のシーズンにもぴったり。小ぶりならではの楽しみとしてお茶は勿論、ぐい呑み代わりに熱燗も中々乙なのでは。石原さんの人柄あらわれた大らかな形と程よい引き締まりが理想的な小湯呑です。

石原祥充 小湯呑 (直径6.5 高さ4.5cm) →

 20191209
土曜日は長屋の会へ


| 長屋の会のDMは毎度ニクいゆるさがあります〜


| 棚の左に前川さん手製のイヌ。右には古い猿投の注器。

先日の土曜日はさんはうすで開かれる長屋の会に。実は先月もさんはうすに訪れていましてマスターから会の話は伺っていたけどタイミングが合わないか...と思っていたらあれよあれよと予定が変わりお邪魔できることに。元々DMタイトルの"古民藝と世界一美しい犬"というフレーズにも心くすぐられ何度もポスター・DM眺めていました。マスターの犬愛と、陶で動物ものを作る前川さんの作りこみ過ぎない作品の大らかな良さ、がにじみ出てました。この作りこみ過ぎないことやある程度に留めることって物を一から作るうえで相当大変であるし理解していようと実行できないことではないかと思っています。けどこれが物を見るうえで楽しいポイントとなっていたり。店のカウンターに並べると枯れた猿投の注器と肌の色がよーく合っていました。

k

 20191208
西洋瓦

おそらくフランス製と思われる洋瓦。表面は深い青色の釉薬が施してあります。所々、釉の剥げ・擦れがあり古いものならではの表情を浮かべます。立てて飾ってもよし、Uの字に寝かせて置いてもよし、な瓦です。

西洋瓦 長さ37cm

 20191206
石原祥充 炭火花器

福岡の穏やかな土地に窯を作り、陶器の器や造形作品を作っている石原祥充さんの炭化花器のご紹介。手びねりで形作った造形は、石原さんの彫刻家と陶芸家の両面が程よく生かされたように映ります。見所は造形だけでなく黒炭のような黒と赤褐色が流れるようなグラデーションに変化しています。インテリアや気分に合わせて置く位置で楽しめます。

石原祥充 炭化花器 →

 20191205
フルカリ展。

フルカリが店内からなくなりさっぱりとした後、また新たにしつらえなおして今日よりまた常設店へと戻りました。すっかり遅くなってしまいましたがフルカリ展開催中に足を運んでくださった方々に改めて感謝申し上げます。熱意と言うには少しはばかってしまうけど、たぎる気持ちは静かに確実にあってそれが伝染するかのように少しずつ広がりを見せた展示であったかなと。皆様のおかげで今年一年の心地よい締めくくりの一つとなりそうです。忘れられないフルカリをお店に残しました。ゆっくり眺めて頂ける機会はまだありますのでぜひに。

余談
タイトルに"終"という文字をいれようかと思ったけどフルカリらしくないねっということで句点でおさめた。おんなじような意味だけど...。

k

 20191201
フルカリと引き立て合うもの

今展のフルカリ展ではフルカリと引き立て合うものとして世界各国の陶磁器や木工品、プリミティブな家具類など同じ空間に並べました。写真はフルカリと古い沖縄の碗。用途も違えば作られた国も違う。だけど風土が作った魅力あるものとして不思議と同じ空間に並べても相性が良いのです。

フルカリ展 -ocogeshokuba丸の内店一周年企画-
2019年11月22日(金)〜12月2日(月)
11:00-19:00 ※会期中無休

 20191130
花刺繍

フルカリ展も残すところ2日間(12/2月曜日まで)となりました。多くの方に反応いただき県内また県外からとお越しいただけることありがたく感じます。フルカリ=花刺繍に囲まれた店内、日中でも夜でもそれぞれの照らす灯りのもとお待ちしております。

フルカリ展 -ocogeshokuba丸の内店一周年企画-
2019年11月22日(金)〜12月2日(月)
11:00-19:00 ※会期中無休

 20191129
コーチさんのスツール

今回のフルカリ展に合わせて会期直前に仕上げて下さったコーチカズノリさんの3legのスツール。語らずとも醸し出す空気感、現代の作り手の中でもいろんな視点から影響をいただきます。

コーチカズノリ 3leg round stool (sold out)

フルカリ展 -ocogeshokuba丸の内店一周年企画-
2019年11月22日(金)〜12月2日(月)
11:00-19:00 ※会期中無休